動画の各種設定

YouYubeに動画を投稿・アップロードする方法!サイズやファイル形式について

2020年1月20日

こんにちは山蔵です!

チャンネルの設定が一通り終わったら、いよいよ動画を投稿・アップロードしていきましょう!

 

しかし動画をアップロードするにあたり、YouTubeが対応・推奨している動画形式の知識も必要です!

 

この記事では動画の投稿・アップロード方法やサイズ・ファイル形式・推奨画質について解説していきます。

ここを押さえれば動画作成の目安にもなるのでしっかり覚えておきましょう!

 

パソコン&スマホ・iPhone両方でのやり方を解説!

作業時間の目安は5分

 

動画解説もあります!

動画の目次
00:41~ アップロードする動画の注意点
03:49~ パソコンから動画をアップロードする方法
05:56~ スマホ・iPhoneから動画をアップロードする方法

 

パソコンで動画の投稿・アップロードする手順          

それでは早速パソコンからのアップロード方法を紹介していきます!

 

まずは、動画をアップロードしたいアカウントにログインしましょう◎

↓右上のカメラマークのアイコンをクリック

 

↓「動画をアップロード」をクリック

 

↓動画ファイルをドラッグ&ドロップ

 

↓動画タイトルや説明を入力

 

↓サムネイルを選択(作成したサムネイルがある場合はアップロードをクリック)

 

↓「子供向けコンテンツ」の欄を選択
今回の動画は子供向けではないので「いいえ、子供向けではありません」を選択

 

↓「次へ」をクリック

 

↓「次へ」をクリック
(今回はこの画面での設定は割愛します)

 

↓「今すぐ公開」をクリック

 

↓「公開」を選択

 

↓「次へ」をクリック

 

↓アップロードができるとこのような画面が出ます。
×をクリックして閉じる

 

↓動画が追加されていることがわかります
これで動画のアップロード作業は完了です◎

 

作業お疲れ様でした!!

 

スマホ・iPhoneから動画を投稿・アップロードする方法

ここからスマホ・iPhoneでのアップロードのやり方を解説していきます!

まずはアプリ「YouTube」を開きましょう!

「YouTube」をインストールしていない場合は、まずはスマホにインストールしてから作業しましょう◎

もっと詳しく

アプリについてはこちらの記事で詳しく解説しています◎

YouTubeチャンネル開設後に絶対入れるべきスマホアプリ3選!

 

アプリを開いたら、動画をアップロードしたいチャンネルのアカウントにログイン

 

↓カメラマークをタップ

 

↓動画の選択画面が出るのでアップロードしたい動画をタップ

 

↓編集など特に必要なければ「次へ」をタップ

 

①タイトル②説明を入力し、③プライバシーをタップ

↓「公開」をタップ

 

↓「アップロード」をタップ

↓画面がこのように切り替わります

 

↓動画の処理が終了するとこの画面が出るのでアップロードは完了です!

最後にアップロードした動画を確認するために「←動画」をタップ

↓するとトップ画面に戻るので右上のアイコンをタップ

 

「チャンネル」をタップ

 

↓動画がアップロードされたのが確認できます

 

↓変更を加えたい場合は「動画」をタップして、アップロードした動画を選択して編集しましょう◎

以上で完了です!

ここまで動画アップロード作業お疲れ様でした!

 

アップロードする動画の注意点

動画のサイズ(解像度や比率)

↓YouTube動画の基本比率(アスペクト比)は16:9で、解像度は以下のようになります。

YouTube公式サイトの動画の解像度とアスペクト比より

pの数値が高いほど高画質になり、720p以上からHD(高精細度)の扱いになります。

HDとは、要するに高画質な動画という認識でOKです◎

 

YouTubeは高画質動画を推奨

現在のYouTubeは、720p(HD)・1080p(フルHD)のHD動画が主体となっていて、YouTube自体もHD動画のアップロードを推奨しています。

画質の良さもYouTube側の評価対象に入るため、より良いチャンネルを運営するには画質にも気を遣うことも意識しましょう◎

 

当然ですがYouTubeは動画主体のサービスなので、より良い画質で動画を提供して欲しいということですね!

 

つまり、全く同じ内容の動画をアップロードするなら高画質に限る!ということがポイントです!

逆に程画質な動画は、YouTube側からも視聴者側からも評価を落としてしまうので注意しましょう。

 

高画質のデメリット:再生に時間がかかる

しかし高画質にもデメリットがあり、画質が良くなる分データ量も大きくなるため再生までに時間がかってしまう点です。

特に2160pや1440pは、スマホ環境や古いパソコンだとデータ量が重くて再生まで時間がかかり、ロード中に視聴者が離脱してしまい視聴者維持率の低下に繋がることもあるのでその辺も意識しましょう!

 

現代はスマホからのYouTube視聴者もかなりの割合を占めているため、この辺も気を遣う必要があるといえます。

いくら画質がいい動画をアップしていても、視聴者維持率が悪いとYouTubeからの評価は下がってしまうのでその辺のバランスは大切です。

 

ですので、基本的には720p・1080pの画質でアップロードがベターだといえます◎

 

ファイル形式

↓YouTubeが対応しているファイル形式は以下のものになります。

多くのファイル形式に対応しているので、特殊なものでなければ大体アップロードが可能です◎

動画を作成・編集する際は、上記のファイル形式のどれかに設定して出力すれば、とりあえずアップロードできちゃいます。

 

推奨ファイル形式は「MP4」

YouTube公式:アップロードする動画にオススメのエンコード設定にもあるように、YouTubeが推奨しているファイル形式は「MP4」になります。

ちなみにスマホやiPhoneで撮影した動画はMP4なので、そのままアップロードできるということです◎

 

動画の時間:デフォルトは15分まで

デフォルトの状態だとアップロードできる動画の時間は、1本につき15分までです。

15分以上の動画をアップロードしたい場合は、アカウントの認証が必要になります。

 

認証されると、12時間までの動画をアップロードできるようになるので、長い時間の動画を配信したい場合は設定しておきましょう◎

 

もっと詳しく

15分以上の動画をアップロードするための認証手順はこちらの記事で紹介しています◎

YouTubeで15分以上の動画をアップロードする方法!アカウント確認の手順

 

 

収益化&稼ぐための記事はこちら

YTmaster【YouTubeビジネス講座】では

YouTubeの収益化や稼ぐため知識・再生回数&登録者数UPのテクニックに力を入れています!

 

あなたのチャンネルをさらに進化させる情報が盛りだくさんです!

是非ご覧ください!

 

画像クリックでページに飛びます!

 

 

まとめ・YouTubeをもっと学びたい皆様へ

今回のポイント

・推奨動画サイズ(解像度や比率)はHD
720p・1080pが主流
YouTubeは高画質を評価する
2160p/140pは高画質になる分再生までに時間がかかるので注意

・動画のファイル形式
色々な形式に対応しているが推奨はMP4

 

・動画の時間はデフォルトは15分まで
デフォルトでは1本の動画あたり15分までしかアップロードできない
アカウント認証をすると12時間まで可能

動画のアップロード作業自体は決して難しいものではないのですぐに覚えられると思います!

 

まずはiPhoneやスマホで撮影した動画をアップロードしてどんな感じか体験してみることをおすすめします◎

ここからのコンテンツでは、より詳しく動画のタイトルや説明文の書き方・タグ付けなどについても解説していくのでぜひ読んでみてください〜!

 

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

今回の記事の内容でわからないこと・質問などがあれば気軽にコメントやメールでお問い合わせください!

もし今運営しているチャンネルの収益化を目指している方で「自分のチャンネル収益化できるの?」と不安な方もお気軽にご相談ください!

 

 

▼▼  YouTubeチャンネルの登録もよろしくお願いします  ▼▼

↓ バナーをクリック ↓チャンネル登録バナー

https://www.youtube.com/channel/UCIR6dJVQsk4E6MQFPMv16CA?sub_confirmation=1

LINEオープンチャットサイドバーバナー

hajime記事用バナー1120b-黄色枠

-動画の各種設定

Copyright© YTmaster【YouTubeビジネス講座】 , 2021 All Rights Reserved.