YouTubeチャンネルの開設・設定

YouTubeブランドアカウントとデフォルトアカウントの違いとは?

2019年12月25日

こんにちは、山蔵です!

YouTubeのチャンネルにはデフォルトアカウントブランドアカウントの2種類があることをご存知でしょうか?

 

複数のチャンネルを持つ場合、2種類のアカウントの違いを知ることで、プライベートで使う個人用のチャンネルとビジネスなどで使うチャンネルをうまく使い分けることができます。

 

この記事では、YouTubeチャンネルのブランドアカウントとデフォルテアカウントの違いや用途について解説していきます。

 

デフォルトアカウントとブランドアカウントの違いってなに?

はじめにデフォルトアカウントとブランドアカウントの2つの違いを解説していきます。

 

まず、デフォルトアカウントとブランドアカウントはどちらもYouTubeチャンネルのことを指しているという認識で大丈夫です!

 

ですので

「ブランドアカウントを作成する」とういうことは

「新たにチャンネルを作成する」ことを意味します。

 

 

どちらもYouTubeチャンネルの機能としてはほぼ同じなのですが、あり方が若干違う感じです。

では次の図でそれを解説しますね!

 

YouTubeには1個のGoogleアカウント(=YouTubeアカウント=●●●@gmail.com)につき複数のチャンネルを持つことができる機能があります。

 

↓デフォルトアカウントとブランドアカウントはこの様な図式で存在します。

 

一番の違いはここ!

デフォルトアカウントは自由なチャンネル名をつけられない!1個だけ!

ブランドアカウントは自由にチャンネル名をつけられる!そして200個まで作れる!

そしてブランドアカウントの1番の特徴は複数人で共同でチャンネルを管理できることです。アカウントには、複数のオーナーと管理者を設定できます。

ちなみにデフォルトアカウント(チャンネル)以外のチャンネルは全てブランドアカウントの扱いとなります◎

 

ポイント

・主な用途としてはこの様に使い分けられる

デフォルトアカウント → 個人のプライベートとして使用

ブランドアカウント → ビジネス用として使用
(チャンネル管理を複数人でシェアできるため多くの企業やYouTuberもこのブランドアカウントを使用して運営しています。)

 

では次の項目でそれぞれについてもう少し詳しく説明していきますね!

この辺で十分わかったわ〜!という方は飛ばしてしまって大丈夫です笑

 

デフォルトアカウントは個人のプライベート使用向き

デフォルトアカウントは、 Googleアカウントに設定した姓名がそのままチャンネル名として表示されるYouTubeチャンネルのことです。

【*今回はGoogleアカウントを個人名で作成し使用している場合を想定して話を進めます。】

 

YouTubeアカウント(=Googleアカウント)1個につき、デフォルトアカウントが1個のみ作れます。(それ以外は全てブランドアカウントという扱いになります)

ですので、個人のプライベート用チャンネルとして使われることが多いです◎

 

注意ポイント

Googleアカウント名=チャンネル名になってしまうのでビジネス用途は不向きです。

初めから、Googleアカウントを法人の名前で作成して使っている場合は特に問題はありません。

 

例えば私の場合、デフォルトアカウントでチャンネルを作った場合(デフォルトチャンネルを作った場合)

↓この様にGoogleアカウントの名前を「山蔵 タカ」と設定していたら、チャンネル名も「山蔵 タカ」になります。

そのため、本名丸出しの状態でチャンネルを運営することになります。

 

↓「山蔵タカ」のチャンネルから動画にコメントした場合はこんな風に本名で出てしまいます。

 

またGoogleアカウントのアイコン画像を設定していた場合、その画像もチャンネルに反映されてしまいます。

 

これだとプライバシー的にも「ちょっと嫌だ…」「気まずい…」という人も多いのではないでしょうか?汗

ましてや今後YouTuberとして活動したいという人からしたら、なおさら実名を出して活動するのは抵抗があるはず…

それに「自分の好きなチャンネル名で活動したい!」と思っている方々からしたらちょっと困りますよね?

 

そ・こ・で !

このような問題を解決してくれるのがブランドアカウントの存在です◎

 

デフォルトアカウントのチャンネルの作成方法

ここで一応デフォルテアカウントのチャンネルの作成方法を解説します。

こちらはパソコンからのやり方の紹介です。

 

作業時間は1分ほど!

 

↓YouTubeにログインし右上のアイコンをクリック

 

↓「チャンネルを作成」をクリック

 

↓「始める」のボタンをクリック

 

↓【自分の名前を使う】の方の「選択」ボタンをクリック

 

↓この様な画面が出たら作成は完了です◎

たったこれだけで完了です◎

お疲れ様でした〜!

 

ブランドアカウントはビジネス向き

デフォルトチャンネル以外のチャンネルのことをブランドアカウント(ブランドチャンネル)と呼び、Googleアカウントの名前に関係なく自分で好きなチャンネル名を決めて活動することができます。

そのため、YouTuberやビジネス・企業や法人のチャンネル運営に向いています。

また身バレせずにチャンネルを持ちたい場合にも役立ちます。笑

 

↓私の場合でいうと、ビジネス用チャンネルとして「YTmaster」「山蔵ビジネス」「山蔵ビジネス モバイル版」などがブランドアカウントにあたります 

これらのブランドアカウントをうまく使い分けることで、ビジネスの分野ごとにチャンネルを切り替えて運営することができます◎

これなら、安心してYouTubeでも活動ができますよね〜!

 

ブランドアカウントの作り方

ブランドアカウントの作り方は、こちらの記事を参照にしてみてください◎(パソコンとスマホ・iPhoneからのやり方を載せています)

もっと詳しく

複数のYouTubeチャンネル・アカウントの作り方と追加作成法

作業時間の目安は2分ほど!簡単です!

 

チャンネルに関する関連記事はコチラ

もっと詳しく

 

 

収益化&稼ぐための記事はこちら

YTmaster【YouTubeビジネス講座】では

YouTubeの収益化や稼ぐため知識・再生回数&登録者数UPのテクニックに力を入れています!

 

あなたのチャンネルをさらに進化させる情報が盛りだくさんです!

是非ご覧ください!

 

画像クリックでページに飛びます!

 

まとめ・YouTubeをもっと学びたい皆様へ

今回のポイント

・YouTubeチャンネルの種類は「デフォルトアカウント」と「ブランドアカウント」の2種類
YouTubeチャンネルの機能的な部分は全く変わらない
大きな違いは、チャンネル名を自由に設定できるか否か

 

・デフォルトアカウント
Googleアカウントに設定した名前がそのままチャンネル名になる
YouTubeアカウント(Googleアカウント)1個につき、1個だけ作れる
個人のプライベート使用向き

 

・ブランドアカウント
Googleアカウントに設定した名前に関係なく自由にチャンネル名をつけられる
YouTubeアカウント(Googleアカウント)1個につき、200個まで作れる
複数人でチャンネルをシェアし管理することができる
YouTuberやビジネス用のチャンネル向き

基本的には、YouTubeでビジネスなどの活用はブランドアカウントを作って活動することがおすすめです。

 

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

今回の記事の内容でわからないこと・質問などがあれば気軽にコメントやメールでお問い合わせください!

もし今運営しているチャンネルの収益化を目指している方で「自分のチャンネル収益化できるの?」と不安な方もお気軽にご相談ください!

 

 

▼▼  YouTubeチャンネルの登録もよろしくお願いします  ▼▼

↓ バナーをクリック ↓チャンネル登録バナー

https://www.youtube.com/channel/UCIR6dJVQsk4E6MQFPMv16CA?sub_confirmation=1

LINEオープンチャットサイドバーバナー

hajime記事用バナー1120b-黄色枠

-YouTubeチャンネルの開設・設定

Copyright© YTmaster【YouTubeビジネス講座】 , 2021 All Rights Reserved.