YouTubeアドセンスで稼ぐ

YouTubeで月5万稼ぐために必要な再生回数と登録者数とは?

2020年3月28日

YouTubeで月5万稼ぐために必要な再生回数と登録者数とは

こんにちは山蔵です!

突然ですがYouTubeで月5万円稼ぐためにはどれくらいの再生数や登録者が必要かご存知ですか?

 

「YouTubeで収益を得たい!」と頑張っていても、具体的な数字を知らないと作業の目標が立ちません。

 

おおよその目安を知っておくと、作業計画も立てやすくなるため効率もUPします◎

 

この記事では、YouTubeで月5万稼ぐために必要な再生回数と登録者数について解説していきます!

他にも「再生数と登録者の関係性」や「必要な動画数は?」というよくある質問にもお答えします◎

 

それでは早速解説していきます!

 

相場は動画1再生=0.1円

広告が付いた動画は、1再生あたり平均0.1円が相場と言われています。

しかしこれは平均値なので、あくまで目安の金額です。

 

そしてYouTube動画の収益単価は、動画ジャンル・動画の時間の長さ・再生維持率・時期・経済状況などの要素で大きく変化し流動的です。

 

ちなみに山蔵の経験上では、最低0.02円・最高0.45円です!

YouTube仲間では過去最高で、1円近くを叩き出した強者もいました◎

 

収益における再生数とチャンネル登録者の関係

まずは収益を得る上での再生数とチャンネル登録者の関係を知っておきましょう!

 

「5万円稼ぐにはどれくらいの登録者が必要ですか?」みたいな質問がよく寄せられます。

ですがこの質問、的確に答えるのが非常に難しいんです・・・。

 

強いていうなら・・・

「収益化の条件として必要なチャンネル登録者1000人以上」という答えです。ドヤッ!

 

「おい山蔵!テキトーに答えてんじゃねぇぞ!そんなのわかってるわw」

と皆さん思われるかもしれませんが事実なんです。汗

 

ここからちゃんと理由を説明します。

まず収益を得る上で注目すべきは、チャンネル登録者数ではなく「再生数」です!

 

極端な例で解説します!

1再生=0.1円と仮定した場合・・・

・チャンネル登録者が100万人いても再生数が0回だったら収益は0円。

・逆にチャンネル登録者が1000人しかいなくても、再生数が100万回あれば収益は10万円。

この様な結果になります。

 

この結果からわかる様に、収益を生むのは「再生数」ということです!

どんなに登録者がいても、再生数が無ければ収益は発生しません!

チャンネル登録者の数が直接的に収益を生むわけではな、あくまで期待値の一部にしかすぎません。

この関係はしっかりと頭に入れておきましょう◎

 

もちろん実際は、収益を生むためにチャンネル登録者の数は多い方が100%良いです。

登録者が多い方が、動画を公開した直後から再生数は当然伸びますし、収益も安定しやすくなるからです◎

 

実際に山蔵自身も、

チャンネル登録者3000人で月5万円以上を経験したこともあれば、

チャンネル登録者3万人いても月5万円以下を経験したこともありますw

しかしこれが現実・・・汗

 

月5万円稼ぐために必要な再生数と登録者数

最初に説明した通りYouTubeの収益の相場は、1再生=0.1円です。

 

この相場で計算すると

50000円 ÷ 0.1円/再生 = 500000再生

 

つまり月5万円稼ぐためには、再生数50万回が必要になります◎

1ヶ月30日で計算すると、1日あたりの再生数約16667回・収益約1667円です。

この様な目安になります!

 

登録者数は先ほど説明した様に、1000人以上居れば良いです◎

 

必要な動画の数は?

「月5万稼ぐために必要な動画数ってどれくらいですか?」という様な質問も多いのでお答えします。

 

答えは・・・

「いっぱいあった方がいい!」です!ドヤッ

 

「おい山蔵、今度はマジでテキトーじゃねーか!」

と聞こえてきそうで怖いっす。汗

 

でも実はこれも簡単に定義できる数字はありません。

先ほど解説した「再生数と登録者の関係」と同じ様なカラクリです。

やはりポイントは「再生数」です!

 

これも極端な例で解説します!

1再生=0.1円の場合

・チャンネルの動画数は1本だけでも50万回再生数があれば収益は5万円

・チャンネルの動画数が100本あっても再生数が0回だったら収益は0円

という結果になります。

 

視聴してもらえる動画が無ければ、何本動画を上げても収益にはなりません!

逆に動画は1本でも再生数が莫大な方が収益になります。

 

もちろん、質の良い動画(視聴してもらえる動画)が多くあればその分、収益も大きくなり安定することは確かです。

ですので動画の本数は「(良質な動画が)いっぱいあった方が良い!」という結論になります!

 

つまり目標の月5万円稼げる様になるまで動画をUPし続けることが大切です◎

投稿を続ければどういう動画がヒットするかなどのデータが見えてくるので、たくさん投稿した分研究ができるので頑張りましょう!

 

 

収益化&稼ぐための記事はこちら

YTmaster【YouTubeビジネス講座】では

YouTubeの収益化や稼ぐため知識・再生回数&登録者数UPのテクニックに力を入れています!

 

あなたのチャンネルをさらに進化させる情報が盛りだくさんです!

是非ご覧ください!

 

画像クリックでページに飛びます!

 

まとめ・YouTubeをもっと学びたい皆様へ

ポイント

・動画収益の相場

1再生=0.1円
条件によって上下する

 

・月5万円稼ぐための再生数

1再生=0.1円を想定した場合
再生数は月50万回以上
1日あたり約16667回

 

・収益における再生数と登録者の関係

とにかくまずは「再生数」が大切
たくさん登録者がいても再生数が無ければ収益が出ない
登録者は最低1000人以上居ればOK

 

・月5万円稼ぐために必要な動画数は?

必要な動画数の定義はない
大事なのは「再生数」
動画数がたくさんあっても再生されなければ収益は出ない
稼げる様になるまで投稿を続ける

月5万円まで稼ぐためには、意外と根気がいる作業は多く、初心者にはハードだと思います。

山蔵もこれを乗り越えるまでは本当に大変でした・・・

 

ですが、月5万円を稼げる様になれば10万円の壁がグッとイメージが湧くので頑張ってみてください!

ひとりで頑張れそうになかったら山蔵へ相談してください!サポートします◎

 

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

今回の記事の内容でわからないこと・質問などがあれば気軽にコメントやメールでお問い合わせください!

もし今運営しているチャンネルの収益化を目指している方で「自分のチャンネル収益化できるの?」と不安な方もお気軽にご相談ください!

 

 

▼▼  YouTubeチャンネルの登録もよろしくお願いします  ▼▼

↓ バナーをクリック ↓チャンネル登録バナー

https://www.youtube.com/channel/UCIR6dJVQsk4E6MQFPMv16CA?sub_confirmation=1

-YouTubeアドセンスで稼ぐ

Copyright© YTmaster【YouTubeビジネス講座】 , 2021 All Rights Reserved.