動画の各種設定

YouTube動画のタグ設定方法!関連動画に載せやすくする書き方

2020年3月6日

こんにちは山蔵です!

YouTubeに動画を投稿しているみなさん、タグ設定はちゃんとやっていますか?

 

タグ設定は適切に行うことでSEOがアップし関連動画に載りやすくなるのでかかなり大切です◎

 

この記事では、YouTube動画のタグ設定方法!関連動画に載せやすくする書き方を解説していきます!

 

パソコン&スマホ・iPhone両方でのやり方を解説!

(基本的にはパソコンからの設定の方が機能が広く使いやすいので、パソコンからの作業を推奨しています)

 

YouTube動画のタグとは?

YouTube動画にタグを設定する意味は、動画の属性をYouTube側に伝えるためです。

そうすることでYouTubeに動画の属性やジャンルを認識してもらい、関連した動画同士をつなげてくれるSEO効果があります。

 

ですのでしっかり設定する必要があります。

基本的には視聴者が確認することはできません(ツールをなどを使えば可能)

 

もっと詳しく

↓他人の動画タグを丸見えにする方法はコチラ!

YouTubeで他人の動画タグを一瞬で確認する方法!スマホ&PC解説

 

YouTubeは投稿されている動画の内容をひとつひとつ把握しているわけではないので、動画タイトル・説明・タグ・カテゴリなどの設定されている詳細情報から、動画の属性やジャンルを判断しています。

 

同じタグを使われている動画同士は「関連性がある」と判断されやすくなるということです。

 

「関連性がある」と判断されると、お互いの動画が再生された時に関連動画(おすすめ欄)にでてきやすくなります。

 

 

例えば、YouTubeの使い方を紹介する動画Aと動画Bがあったとします。

 

それぞれのタグには共通して「YouTube・YouTubeの使い方・YouTuber・動画投稿」というキーワードが使われていたら、

「関連性がある」と判断されやすくなるということです◎

 

つまり同じようなジャンルの動画のタグを自分の動画にも設定すれば【関連性が上がる=SEOが強くなる】という効果があります!

 

それではここからは具体的なタグの設定方法などをみていきましょう!

 

動画にタグを設定する方法

パソコンからの設定

↓YouTube Studioを開き、左サイドバーの「動画」をクリック

 

↓設定したい動画にカーソルを合わせる

 

↓鉛筆マークのアイコンをクリック

 

↓標準の下部にタグ設定の箇所が出てきます

あとは自分が入れたいタグ(キーワード)を入力し、Enterキーを押せばタグが設定されます。

 

↓最後に「保存」をクリックして完了です◎

 

スマホからの設定

スマホから設定する場合はスマホアプリの「YouTube Studio」を使いましょう!

↓アプリを開いたら左上の≡をタップ

 

↓「動画」をタップ

 

↓タグを設定したい動画をタップ

 

↓右上の鉛筆マークをタップ

 

↓この画面が出たら下にスクロール

 

↓下部にタグ設定の箇所があります

 

↓iPhoneの場合、タグ(キーワード)を入力し「改行」をタップすれば、タグが設定されます

 

 

↓最後に右上にある「保存」をタップして完了です◎

 

SEOを強くさせる上で入れるべきタグ

ここでSEOを強くするために入れるべきタグを紹介していきます◎

先に説明しておくと、YTmaster【YouTubeビジネス講座】ではYouTube内のSEOを2種類に分けています。

内部SEO外部SEOという考え方です。

 

内部SEOとは、自分の動画の関連(おすすめ)に自分の動画が出てきやすくなる状態。

外部SEOとは、他人の動画の関連(おすすめ)に自分の動画が出てきやすくなる状態。

この2つをバランスよく強化することで再生数アップにも繋がります◎

 

自分のチャンネル名&チャンネルID(内部SEO)

 

自分のチャンネル名とチャンネルIDは、全ての動画に共通して入れるようにしましょう!

これをすることで内部SEOが強まります。

 

動画全体に同じ共通したタグが存在することで、自分の動画同士の関連性が強まるからです。

特にチャンネルIDはYouTube上で唯一無二のものなので、オリジナルキーワードのタグとしての役割があります。

 

チャンネルIDの調べ方

 

チャンネルのキーワード(内部&外部SEO)

チャンネルのキーワードも必ず入れましょう!

自分のチャンネルキーワードをタグにすることで内部SEOも高まり、他のチャンネルでもそのタグが使われていれば外部SEO的にも効果があります◎

 

YTmaster【YouTubeビジネス講座】のチャンネルでは、「YouTube・ビジネス・動画投稿」などといったチャンネルのキーワードをタグに入れています。

 

関連記事

 

動画のキーワード(外部SEO)

それぞれの動画のキーワードも入れるようにしましょう!

動画の内容に準ずるキーワードを選びましょう。

その上で似たジャンルの動画で使われているタグ、検索されそうなキーワードを選んでタグに設定することがおすすめです。

そのようにすることで外部SEOが強化される傾向にあります◎

 

↓例えばこの動画の場合

この動画では、Googleアカウントの取得やYouTubeチャンネルの作成の解説をしています。

 

↓ですので動画のキーワードに「チャンネル作成・Googleアカウント・Googleアカウント作成・YouTubeアカウント取得・チャンネル開設」と言ったキーワードを設定しています◎

似たような動画を投稿している他人の動画のタグを調べて使うことで、関連性を持たせることができます!

 

タグは何個までOK?

「タグの個数は何個までOKですか?」とよく質問を受けます。

実のところYouTubeでは明確に公表はされていません。

2020年3月現在では、YouTuberが大量のタグを入れていることが多いことからあまり制限はないように思われます。

 

↓一応タグは計500文字分までは入力が可能になっています

 

以前はタグを入れすぎるとスパム扱いされるといったケースがありましたが、最近ではそのようなことを耳にすることは少なくなりました。

YTmaster【YouTubeビジネス講座】で推奨しているタグの数は10個、多くても15個としています。

 

 

タグのNGパターン(スパム扱いの危険あり)

ここでNGなタグを紹介していきます。

これらのことをやってしまうと最悪の場合スパム扱いをされて、チャンネル停止やチャンネル削除になる場合もあるので気をつけましょう!!

 

動画と関係ない内容のタグを使う

当然ですが、動画と全く関係のないタグを使うことはNGです。

これはYouTube側や視聴者を惑わす行為なので絶対にやめましょう!

 

大量のタグを使う

タグは何個までという制限はYouTubeから公表されてはいませんが、大量のタグを使うのは控えましょう。

タグが多いからといってSEOが上がったりするわけではないので、ある程度絞って10~15個に抑えるのが良いです。

 

他人のチャンネルIDやチャンネル名をタグに使う

これが一番スパム扱いされやすい原因と言えます。

他人のチャンネルIDなどは絶対にタグとして使ってダメです!

 

例えば「人気YouTuberのチャンネルIDをタグに使ったりしたら再生数上がるかも?」と思うかも知れませんが、そんな簡単な話ではないので絶対に試さないようにしてください!!汗

 

#ハッシュタグとの違いは?

最近ではYouTubeも#(ハッシュタグ)機能が付きました。

 

↓参考画像

 

この機能は、YouTube検索で#をキーワードの頭につけて検索することで、同じ#がついた動画を探しやすくする機能です◎

InstagramやTwitterのハッシュタグ機能と同じような機能です。

YouTubeも動画SNSという立ち位置なので取り入れた機能なのでしょうね!

 

↓YouTube検索で「#YouTube #ビジネス」と検索したら参考画像の動画が出てきました◎

 

タグと#ハッシュタグの違い

・タグ
他人の動画タグは基本的には表向きでは見ることができない
(ツールを使ったりすれば可能)
YouTube側に動画の属性やジャンルを伝えるもの

 

・#ハッシュタグ
他人の動画でも表向きに見ることができる
YouTube検索で使われるもの。使うと発見されやすくなる。

 

もっと詳しく

#ハッシュタグについてはこちらの記事で詳しく解説しています◎設定方法も載せています!

YouTube動画のタイトル上に#ハッシュタグを設定する方法

 

他人の動画タグをチェックする方法

冒頭でも紹介しましたが、他人の動画タグを丸見えにする方法があります◎

 

気になる方はチェックしてみてください◎

もっと詳しく

 

 

収益化&稼ぐための記事はこちら

YTmaster【YouTubeビジネス講座】では

YouTubeの収益化や稼ぐため知識・再生回数&登録者数UPのテクニックに力を入れています!

 

あなたのチャンネルをさらに進化させる情報が盛りだくさんです!

是非ご覧ください!

 

画像クリックでページに飛びます!

 

まとめ・YouTubeをもっと学びたい皆様へ

ポイント

・タグの効果
YouTubeに動画の属性やジャンルを認識してもらい、関連した動画同士をつなげてくれるSEO効果がある

 

・SEOに効果的なタグ
自分のチャンネルID&チャンネル名(内部SEO)
チャンネルキーワード(内部&外部SEO)
動画のキーワード(外部SEO)

 

・タグの個数
正式な個数は発表されていない
計500文字までは入力が可能
当サイトでは10〜15個を推奨

 

・NGなタグ(スパム注意)
動画に全く関係ないタグを使う
大量のタグを使う
他人のチャンネルIDやチャンネル名

 

・タグと#ハッシュタグの違い
タグとはYouTube側に動画ジャンルを伝えるもの 
#ハッシュタグ はYouTube検索で見つけてもらいやすくするもの

タグをうまく利用して、SEO効果を高めましょう◎

 

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

今回の記事の内容でわからないこと・質問などがあれば気軽にコメントやメールでお問い合わせください!

もし今運営しているチャンネルの収益化を目指している方で「自分のチャンネル収益化できるの?」と不安な方もお気軽にご相談ください!

 

 

▼▼  YouTubeチャンネルの登録もよろしくお願いします  ▼▼

↓ バナーをクリック ↓チャンネル登録バナー

https://www.youtube.com/channel/UCIR6dJVQsk4E6MQFPMv16CA?sub_confirmation=1

-動画の各種設定

Copyright© YTmaster【YouTubeビジネス講座】 , 2021 All Rights Reserved.