各種機能の使い方

YouTubeショート動画の使い方!投稿方法や作成・有効な活用法を解説

こんにちは山蔵です!

YouTubeのスマホアプリの方で2020年9月から実装された機能【YouTubeショート動画】をご存知でしょうか??

リリースされて早5ヶ月(この記事を書いているのが2021年2月です)色々情報も集まって来ました!

 

「そろそろこの機能を使ってみたい!」なんて人も多いハズ!

 

ですので、今回はこの【YouTubeショート動画】の使い方や投稿方法・について解説していきます!

サイズや作成方法、撮影の注意点なんかもまとめていきますね◎

 

YouTubeショート動画(YouTube Shorts)とは?

YouTubeショート動画とは、現在(2021年2月現在)は、スマホアプリ限定でリリースされている機能です。

*残念ながらまだパソコンなどからは視ることができません。汗

 

ショート動画では、最大 60 秒までの縦向き動画をUPすることができます。

Instagramのストーリー機能やTikTokなどと似ていて、短い動画をUPできる機能をYouTubeも取り入れたといった感じですね!

縦向き動画を推奨しているので、完全にターゲットはスマホユーザーがよりYouTubeを手軽に楽しむことが目的とされていると言えるでしょう。

 

こんな感じ↓

 

YouTubeの公式ページ

ショート動画に関するYouTubeの公式ページはこちらから!

 

ショート動画の使い方(投稿方法)

ではここからは早速ショート動画の使い方や投稿方法をみていきましょう!

投稿自体はすごく簡単にできます◎

 

まずはスマホアプリのYouTubeを開きます。

↓画面下のグローバルメニューの「」マークをタップ

 

↓「動画のアップロード」をタップ

 

↓UPしたい動画を一覧の中から選択します
*これから動画を撮影してUP場合は「録画」をタップします

 

↓動画の長さやエフェクトを調整します
*この時、動画の長さが60秒以内になるように注意しましょう!

 

↓調整が終わったら「次へ」をタップ

 

↓「詳細の追加」という画面に切り替わるので、タイトルと動画の説明を入力しましょう!

 

ココがポイント

【重要】この時タイトルの最後に必ず #Shorts と入力しましょう!

これを入れることで、おすすめなどに載りやすくなります◎

↓こんな感じ

↓入力が終わったら「次へ」をタップ

 

↓「視聴者層の選択」で必要な箇所を設定し、終わったら右上の「アップロード」をタップすれば完了です◎

↓アップロード後は、ホーム画面に戻り「動画をアップロードしています」と表示されます。

 

投稿(アップロード)したショート動画をチェックする方法

では投稿したショート動画をチェックしてみましょう!

 

↓メニュー右の「ライブラリ」をタップ

 

↓「自分の動画」をタップ

 

↓すると先程投稿したショート動画が、自分の動画ライブラリに追加されているのが確認できます。
*アップロード直後だとすぐに反映されないこともあるので、出てこない場合は数分後に再度チェックしてみましょう◎

 

↓動画をタップすると、こんな感じで表示されます

以上で確認の方法は終わりです◎

 

動画の視聴回数などもこのライブラリから、他の動画と同様に確認ができます。

 

ショート動画のサイズや作成方法

ここでショート動画を作成するときのサイズや注意点をまとめてチェックしておきましょう!

基本はスマホ撮影でOK

ショート動画の作成に関しては基本的にスマホ撮影で十分です◎

 

ポイント

まず重要なポイントはこの2点

・動画の長さは60秒以内
➡︎YouTube公式には15秒くらいの動画が一番視聴してもらいやすく最適とあります

・動画の画角は縦長
➡︎基本的にスマホで普通に縦向きで撮影すればOK

 

編集もスマホで完結が楽チン

ショート動画も編集しないでアップしてもOKです。

しかしショート動画といえ「ちょっとは編集して見栄えを良くしたい!」という人もいるハズ。

そのような場合は編集してからアップしましょう!

BGMを入れるだけでもかなり動画の雰囲気が変わるのでおすすめです◎

 

動画編集もスマホで完結するのが一番楽です◎

iPhoneならアプリのiMovieなどで十分かと思います。

現在は様々な動画編集アプリがリリースされているので、自分が使いやすいものを見つけてみましょう!

 

ショート動画の有効な活用手段

基本的な活用手段として、大きく分けて2つの用途があります。

主な用途

・チャンネルの宣伝&登録を誘導

・動画本編のダイジェスト版をショート動画で作り宣伝

 

チャンネルの宣伝&登録を誘導

ショート動画を上げることでチャンネルの宣伝にも十分なり得ます。

またショート動画機能には、チャンネル登録ボタンが実装されているのでチャンネル登録してもらいやすい環境になっているのも大きなポイント。

↓こんな感じ

 

ちなみに山蔵もプライベートなチャンネル(登録者数1桁・動画数5本)にショート動画を1本アップしたところ、50再生ほどされ登録者が1人増えてました◎

まだまだ検証中ですが、チャンネルの動画数が多いチャンネルなどはより効果が見込めるといえます。

 

動画本編のダイジェスト版をショート動画で作り宣伝

動画本編のダイジェスト版としてショート動画を作れば動画の良い宣伝にもなります。

例えば10分ある動画の中から30秒だけ切り抜いて、続きが気になるところでショート動画を終わらせて本編に誘導するといった手法もありです◎

過去にUPして再生数があまり上がらなくなった動画のダイジェスト版としてショート動画を作り、再び再生されるようにすることも十分可能でしょう。

 

収益化&稼ぐための記事はこちら

YTmaster【YouTubeビジネス講座】では

YouTubeの収益化や稼ぐため知識・再生回数&登録者数UPのテクニックに力を入れています!

 

あなたのチャンネルをさらに進化させる情報が盛りだくさんです!

是非ご覧ください!

 

画像クリックでページに飛びます!

 

まとめ・YouTubeをもっと学びたい皆様へ

AAAまとめ

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

今回の記事の内容でわからないこと・質問などがあれば気軽にコメントやメールでお問い合わせください!

もし今運営しているチャンネルの収益化を目指している方で「自分のチャンネル収益化できるの?」と不安な方もお気軽にご相談ください!

 

 

▼▼  YouTubeチャンネルの登録もよろしくお願いします  ▼▼

↓ バナーをクリック ↓チャンネル登録バナー

https://www.youtube.com/channel/UCIR6dJVQsk4E6MQFPMv16CA?sub_confirmation=1

 

 

LINEオープンチャットサイドバーバナー

hajime記事用バナー1120b-黄色枠

-各種機能の使い方

Copyright© YTmaster【YouTubeビジネス講座】 , 2021 All Rights Reserved.